児童発達支援事業

ぴーすの児童デイ ぱんだ・ぽんた

児童福祉法にもとづき、日常における基本的動作の習得をはじめ、児童一人ひとりの身体面や精神面、生活面の発達・成長をうながす療育サービスを提供しています。
子ども一人ひとりにあわせた配慮ある環境の中で、年齢相応の「日常及び社会生活の体験」を重ねる中で、特に自己決定(※1)の力・自発的なコミュニケーション力(※2)の獲得をめざし支援しています。
※1 自己決定の力を獲得するために、自分で選ぶ・決める、できることは自分でする、したことの喜びやくやしさを味わう練習を大切にしています。
※2 コミュニケーション支援として、自分の思いや考えを相手に伝える、相手の伝えたいことを理解する、見通しを持って行動をする支援を個別で行っています。

事業形態 児童福祉法/児童発達支援事業、放課後等デイサービス事業
事業所番号 ぱんだ 2756520058
ぽんた 2756520041
対象 幼児~高校3年生までの障がいのあるお子さんで、
児童発達支援または放課後等デイサービスの支給決定を受けているお子さん
実施場所 ぱんだ 大阪府堺市北区百舌鳥梅町3丁39-19
     ぽんた 大阪府堺市北区百舌鳥本町3丁8-17
専用電話 ぱんだ072-250-0626
ぽんた072-250-0627
メール ぱんだpanda-day@p-s-sakai.net
ぽんたponta-day@p-s-sakai.net
実施日時 月~土:10:00~17:00
(ぽんたでは一部17:30、18:00までの活動があります)
定休日 日曜日、国民の祝日、夏季・年末年始
利用方法 利用には、利用契約が必要です。
まずは電話でお問合せを。お問合せ後は、受付・見学・体験後に契約を行い、利用開始となります。

ぴーすの児童デイの目標

ぴーすの児童デイの目標は 子どもの成長力を”えんぱわ”すること
子どもはどの子もみんな「大きくなる」力を持ち、生まれてきています。
しかし、障がいゆえ、その力を十分発揮できない子ども達がいます。その子ども達の「大きくなろう」とする力を十分にいかす、その一人ひとりのエンパワメント(※3)を高める支援が、ぴーすの児童デイの目標です。
※3 エンパワメントは、本人が本来もっている力を発揮できるようにすること。
自分自身が人生の主人公となれるように力をつけ、生活や環境をよりコントロールできるようにしていくこと。

平日の活動

児童発達支援

おおむね1歳半~就学前の幼児が対象です。障がい等により発達に遅れやつまづきのあるお子さんに、身体能力や生活動作の力などを育むための療育を提供しています。
現在通う所がない在宅のお子さん、公的な幼児教室等に通うお子さん、保育所・幼稚園に通うお子さん、いずれも対象となります。
参加形態は、お子さんの単独参加(保護者同伴は要相談)。
毎週(月火木金)10:00~13:00
利用回数は、週1回~4回利用するお子さん
定員:1~6名  スタッフ数:責任者1名、指導員3名以上

活動目標

1.健康な身体づくり
家庭と連携しながら体調や生活リズムを整え、毎日元気に生活することを目指します。
2.身辺自立の練習
個々のペースを大切にし、「じぶんで」する力を育て、また「やってみよう」という思いを大切にします。
3.大人との信頼関係の構築
「社会に交わる力」を持った大人になるためには、その前段階で「友人などの集団に交わる力」が必要。でも、その前段階で重要なのが「大人との信頼関係」です。
幼児期に最も重要な「大人との信頼関係」をしっかりと築き、一人の大人との気持ちの交流を大切にする。それにより受け止められる安心感をたっぷり経験し、安心して自分の思いや要求を伝える経験を積む。そんな中で、コミュニケーション力や社会性を育てることを目標とします。
4.豊かな幅の遊び体験
家庭ではしづらい、さまざまな内容、材料、方法等を駆使した「いろいろな遊び」を提供。楽しく遊ぶことを繰り返す中で、好きな遊びをみつけて『たのしい』『もっとしたい』の気持ちを育てることを目指します。
また、楽しい時間の中で、大人や友だちと関わる体験を積み上げていきます。
5.(保護者の)就園・就学に向けての「障がい特性」の把握援助
 日々の連絡の中で、さまざまな不安や悩みの相談に対応をします。また、月に1度「1週間の参観ウィーク」を設けるなどで、保護者とともにお子さんの成長を確認します。
さらに、ぱれっとと連携し、必要なセミナーの情報を提供します。相談内容によっては、悩みに対応できる専門機関につなげます。

一日の流れ(例)

10:00~10:30体調管理・自由遊び
10:30~10:45おやつ
10:45~11:00朝の会
11:00~11:45プログラム(1)お散歩・室内運動・リトミック
11:45~12:15絵本+昼ご飯+自由遊び
12:15~12:45プログラム(2)感触遊び・お絵かきなど
12:45~13:00おわりの会・帰り支度

土曜日の活動

                                   
土曜日は生活を豊かにするための余暇・趣味を楽しむ力のアップのために活動をしています。
特徴1 プログラムは、アート、音楽、クッキング、スポーツなどをテーマに設定しています。
特徴2 年齢別・課題別のグループ構成を行っています。

土曜日の活動紹介

◇ぱんだ 午前グループ(幼児~小1)

第1・4(土)プログラム:室内アクティブ遊び
走る・跳ぶ・くぐるなど身体を大きく動かす活動で、柔軟性・敏捷性を
養います。またフラップバルーンなどで「お友達と一緒に楽しむ活動」を
行い、他者とかかわるスキルを高めます。
第2・3(土)プログラム集団音楽活動
音楽を聴く、音楽に合わせて身体を動かす、楽器を演奏するプログラム
です。集団活動ですが、子どもさんそれぞれのペースで活動しています。

利用料

利用者個々に違います。以下2つの合計となります。
① 児童福祉法により定められたサービス利用料金(1割負担、ただ個々に定めのある上限負担額まで)
② 参加費のおやつ代、工作や料理等の材料費、送迎にかかる費用等

送迎

下校の学校への送迎は実施。それ以外は、基本「保護者による送迎」をお願いしています。
やむを得ぬ事情のある方は要相談。