沿革

【活動実績】

平成17年:発達障害啓発チームを設立
      障がい児のための防災を考えるプロジェクトの開始
      ※「2005年防災教育チャレンジプラン」の実施団体に選ばれ、防災教育特別賞受賞
      障がい児を支援するグッズや書籍の販売開始
      堺市委託事業「障害者生活支援センター」の開設
平成18年:大阪府指定「ヘルパーステーション」の開設
     堺市補助事業 放課後活動等補助事業の開始
平成23年:児童デイサービス事業の開始
平成24年:放課後等デイサービス事業・児童発達支援事業の開始
      堺市委託事業「地域活動支援センター」の開設
平成24年:相談支援事業(計画相談・障害児相談)の開始
平成25年:堺市委託事業「障がい児保護者支援 ぴあリーダー養成事業」の開始
平成26年:堺市委託事業「療育支援事業 あいすてーしょん」の開始

【設立の経緯】

平成9年に知的障がい児の母親で結成した、ボランティアグループ「堺おもちゃ図書館ぽっぽ」が、
これまでより幅広い活動をするため、法人格を取得。
「特定非営利活動法人 ぴーす」として生まれ変わり、現在に至る。

【代表者:小田多佳子 略歴】

平成09年:障がい児支援のボランティアグループ「堺おもちゃ図書館ぽっぽ」設立
       障がい児への余暇活動提供の開始
平成15年:ノーマライゼーションイベントコーディネートオフィス設立
       障がい児の母親向け勉強会やMLの開始
       障がい児の母親対象 ピア相談を開始
平成16年:情報提供のメールニュース「ふぁにぃ」の開始
       障がい児放課後クラブの開始
平成17年: NPO法人ぴーす 設立